未分類

その副業の確定申告は申告次第でキャッシュバックが望めますよ!

投稿日:

そこの収入減に嘆く貴方に朗報です。
新型コロナウィルスのおかげでメインの仕事が無くなって収入が激減した人はその減った分を補うために掛け持ちアルバイトに精を出すはずです。
しかし、所属の会社の規定によりアルバイトを禁止しているのが一般的です。収入減で生活に影響が出たりすると支出を減らそうと努力もするでしょう。
無理はしないで下さい、限界がありますから。

最近では会社によっては副業をすることが会社の許可を得ればできるようになって来ました。それでも、新型コロナウィルスの波を被って外でのアルバイトも難しい状態に移行しつつあります。
副業で稼いだお金は当然、確定申告の対象となります。何所かの会社で貰ったお金と所属している会社で貰うお金を合わせて申告することになります。
その年の所属している会社の年末調整票と1月から12月までのアルバイトで得たお金の総合計を申告すれば払い過ぎた税金が振り込まれることがあります。サラリーマン及びOLの副業はアルバイトだけではありません。

貸し不動産を持っている人や投資資金で運用している人などは確定申告をするのが当たり前なので申告の内容次第でキャッシュバック(還付金)が望めます。
単にアルバイトだけだと還付金を望むには厳しいかもしれません。
例えば、3ヵ所以上でお金を貰っていても働いた賃金から源泉徴収税なんて3ヵ所以上を合わせても少額で逆に税金をたくさん払う羽目になる可能性もあります。

また、流行りのフリーランスの仕事では支払われるお金の額が低すぎて申告しなくても良いかもしれません(年間20万円を満たない場合は申告をしなくても良いとされています)。確定申告の時期は毎年2月の中旬頃から3月の中旬ですが、去年と今年は新型コロナウィルスのおかげで日程が変わっています。国税庁もしくは各地の税務署のホームページを見てご確認下さい。

所属の会社から貰うお金と一般のアルバイトで貰うお金と貸し不動産収入がある人と貯めたお金で資金運用をしている人には申告次第で還付金が貰えることは説明をしました。申告の部類は所得税です。

数字を打ち込むだけでその年の税金が幾らになるのか分かるソフトが国税庁のホームページが存在します。一度、経験してみると良いでしょう。
申告対象でなくても打ち込みは可能です。慣れた段階で模擬申告(実際には確定申告はしません)をしてみて下さい。但し、余計なことをすると本当に送信されてしまうので注意が必要です。2ヵ所以上からお金を貰った人に忠告です。脱税は犯罪です。必ず申告をしましょう!。

-未分類

Copyright© 自分の力でお金を稼ぐために必要なこと【youpick(ユピック)】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.